弁護士と司法書士

法律書

依頼料金で比較する

個人再生を弁護士に依頼した方がよいのか、司法書士に依頼した方がよいのか、費用なども含めて気になる方は多いです。どちらにも依頼せずに個人でも頑張れが行える手続きではあるのですが、書類に不備があったり期限まで提出できない書類があった、仕事で忙しくて裁判所に行く時間が無い、いくら自分でやったほうが費用もかからずにできると思っていても債務整理の中でh一番手続きが複雑で時間もかかる手続きです。個人再生は専門家に依頼したほうが良いです。弁護士に依頼するとの司法書士に依頼するの、どちらも同じではなく代理できる範囲に違いがあります。弁護士に依頼をすると、ほとんどの手続きを代行してもらい裁判所へも一緒に出廷してもらうことができます。司法書士に依頼をすると、お手伝いできるのは書類作成だけになります。司法書士は、任意整理であれば代行できますが個人再生は法定代理人となることができませんので、裁判所への出廷は依頼者本人が行くことになります。個人再生にかかる費用を比較すると、司法書士は30万円〜50万円程度、弁護士は40万円〜60万円程度の費用がかかります。費用に幅があるのですが、これは裁判所によって弁護士に依頼していれば個人再生委員が選任されないところと依頼してても選任される裁判所があるためです。再生委員への報酬が発生します。手続きに不貞際があると、また一からやり直しとなりますので、弁護士に個人再生は依頼するのがおすすめです。

Copyright© 2018 個人再生は費用をかけてでもプロに依頼しよう【借金悩みを解き放つ】 All Rights Reserved.