手続きにはお金がかかる

ジャッジガベル

分割できる事務所で依頼

個人再生の手続きは、弁護士費用以外に裁判所へも支払う費用があります。個人再生で裁判所に支払うお金には以下のものがあります。収入印紙、郵便切手代、個人再生委員への報酬です。収入印紙は、1万円程度納めます。郵便切手代は債権者の数だけかかりますが、千円程度になります。個人再生委員とは、債務者の手続きや進行を指導・監督する立場の人です。裁判所に再生手続開始の意見や再生計画認可についての意見を出します。申立人は、再生委員と面談や打ち合わせを行います。ただ、再生委員は債務者である申立人の味方というわけではなく、あくまで中立的な立場で監視するだけです。この再生委員に報酬が発生します。裁判所によって費用は異なりますが、15万円〜25万円程かかります。弁護士に依頼をして個人再生の手続きを行っている場合には、個人再生委員が選任されない裁判所もあります。選任されない場合には費用負担は減ります。裁判所費用は以上のものがかかりますが、弁護士費用もかかります。弁護士費用だけでも40万円〜60万円程度が相場となっています。弁護士料金の支払いは基本一括払いなのですが、債務整理に関してはお金に困っている人が相談するわけですから、その辺の事情は債務整理を多く引き受ける弁護士であればよくわかっています。そこで、分割払いに対応している法律事務所です。一括で払えないから個人再生ができないのは話になりませんから、分割対応可の事務所を選びます。

Copyright© 2018 個人再生は費用をかけてでもプロに依頼しよう【借金悩みを解き放つ】 All Rights Reserved.