債務整理の手続で一番複雑

弁護士バッジ

いくらお金が必要か

個人再生で手続きを進めていく中で、いくつか費用がかかります。一応自分一人でも行える手続きではあるので、債務整理の中でも一番手続きが複雑であり、申し立てから再生案が認可されるまでも期間が長く、裁判所に提出しなければならない書類も豊富で、費用もかかります。裁判所も一人で行うよりも弁護士に依頼することをすすめているくらいなのです。個人再生を専門家に依頼すると、弁護士費用以外に裁判所費用もかかります。個人再生の手続きで裁判所にてかかる費用は、地方裁判所によって異なるのですが、印紙代、郵便切手代、官報掲載費用、選任された個人再生委員への報酬がかかり、裁判所でかかるお金だけで15万円〜20万円程かかります。これに弁護士料金です。個人再生印への報酬は、弁護士に依頼されている場合に選任しない裁判所もあります。弁護士費用に関しては、着手金が30万円程の相場、報酬金が10万円程度、実費として2万円〜3万円ほどかかり、裁判所と弁護士料金を合算すると40万円〜60万円ほどかかります。個人で行えば、約半額程度の費用で行うことができるのですが、個人再生を自分で行うと役所や勤め先から取り寄せる書類、そして財産状況を報告する書類、再生計画案も自分で考えなければならず、手続きの段階ごとに必要な書類があり期限まで提出できないと、個人再生の手続きがダメになってしまいます。どんな書類なのかを理解する所から始まりますから、仕事をしながらではとても厳しいです。個人で頑張ったとしても費用はかかりますので弁護士に依頼することが良いです。

Copyright© 2018 個人再生は費用をかけてでもプロに依頼しよう【借金悩みを解き放つ】 All Rights Reserved.